公務員面接対策

公務員面接対策

プランパス株式会社PPC人財開発部

公務員面接対策

  

横浜市面接を解説します。

横浜市面接は2回あります。

20分程度の面談と30分程度の面接の2回になります。

まず、面談が行われます。

面談では、3人ずつ組に分けられ、そのグループで若い番号から呼ばれ、面接となります。

面談は20分程度で面接官2名です。

面談は最終面接に比べて若い方々が多くなっています。

面接の後、発表があります。

合格していれば、最終面接になります。

最終面接は人にもよりますが、面談より厳しい面接といわれています。

横浜市質問の再現です。

例えば、

緊張されていますか、

昨日は寝れましたか、

会場までどのように来ましたか、

会場までどれぐらいかかりましたか、

会場には以前来たことがありますか、

待っている間何を考えていましたか、

朝は何を食べましたか、

お昼は何を食べましたか、

万全の準備ができましたか、

緊張具合は何%ですか、

などの質問から始まる場合は多いです。

その後、リラックスして面接に臨んでください。

悔いがないように力を出し切ってください。

のような激励の言葉があり、面接になります。

そして、

志望理由、なぜ横浜市か

自己PR、

併願状況、

力を入れたこと、

長所について、

短所について、

失敗について、

困難なことについて、

横浜市職員として行いたいこと、

横浜市職員として活かせること、

政策について、

最近関心あることは何ですか、

などの質問がなされます。

エントリーシートの内容、面接する方々によって、質問が変わってきます。

そのため、全く同じ面接になることはないのです。

面接は生き物です。

相手に合わせ、質問に合わせて答えられるように練習しましょう。

基本的な質問を想定しておいて、アドリブでも答えることができるように訓練しておきましょう。

コロナのため、横浜市面接は、受験生と面接する方々の間にアクリル板をおいて、受験生はマスクをつけず、面接しました。

2020の横浜市面接では、1回目の面接はマスクをつけて行いました。しかし、2回目の面接は、アクリル板をおいて、マスクをつけずに行いました。

横浜市エントリーシート対策、横浜市個別模擬面接で横浜市に内定するための横浜市面接対策を行っています。

横浜市面接において横浜市の採用者にいかにすれば好かれるのか。

横浜市エントリーシートをどのように書けば好感を持たれるか。

横浜市の採用者の立場からアドバイスします。

横浜市の内定を勝ち取るためには、まず、エントリーシートをどのように書くのか、そのことから始まります。

最もよいのは横浜市エントリシートを提出する前に横浜市エントリシートを横浜市面接と一体化させて、横浜市エントリーシート書くことです。

通常の横浜市の受験生は横浜市エントリーシートを書くときに横浜市の本番面接でどのように話すかなどを想定して書いている方は少ないと思います。

言い方は悪いですが、行き当たりばったりに書いています。

そうではなく、横浜市エントリーシートの提出前から本番の横浜市面接を想定して、横浜市エントリーシートを書ければ本番の横浜市面接が非常に楽になります。

当社の横浜市エントリーシート対策では横浜市の採用者の立場に立って、横浜市エントリーシートをご指導します。

場合によっては、横浜市エントリーシートを抜本的につくり替えます。

ただし、抜本的につくり替えたりするとお時間はかかります。

上位で横浜市に内定している方々は横浜市エントリーシートができています。

横浜市エントリーシート対策、横浜市面接対策により、横浜市に内定するため、横浜市の採用者の立場からコンサルティングを行います。

【横浜市個別模擬面接・横浜市エントリーシート対策】に特化した事務・技術・福祉・保育・医療・技能系専門の横浜市面接対策を行っています。

当社の横浜市面接対策は横浜市の特徴を踏まえて横浜市面接の採用者の立場でどのようにすれば横浜市の採用者にいっしょに働きたいと思われるのかなど横浜市に内定する秘訣をご指導します。

内定率、実績・信頼度NO1

横浜市に特化した事務・技術・情報・福祉・保育・医療・農水・技能系の横浜市面接対策、横浜市個別模擬面接、横浜市エントリーシート対策を実施しています。

1.横浜市面接対策

2.横浜市面接対策のご料金

3.その他の塾や予備校との比較

4.ご入金について

5.開催日時及び会場

1.横浜市面接対策

事務・技術・情報・福祉・保育・医療・農水・技能系専門の横浜市の本番の面接と同様の横浜市面接対策を行っています。

元公務員の講師は本番の横浜市の面接官と公務員の実務経験が同等で年齢が同じ50代です。

15年で1万7千人以上の実積と信頼 非常に高いリピーター率の実力

横浜市の面接に基づき正しくご指導させていただきます。

高品質とご料金をその他と比べてみてください。
確固たる自信があります。

2.横浜市面接対策のご料金

ご料金のページをご覧ください。

受講生の方からは、ご満足していただいています。

3.その他の塾や予備校との比較

その他の塾や予備校に比べて、低価格なご料金です。また、高品質になっています。
その他の塾や予備校と比べてください。

4.ご入金について

お客様のご予約が成立しますと当社から株式会社名義の口座のご案内を差し上げます。

5.開催日時及び会場

開催日時は会議室の場合は原則9時から21時30分の間でお客様のご希望をお聞きし調整の上で対応させていただきます。

スカイプ、Zoom、お電話(電話代は当社負担)などによる横浜市面接対策は24時間対応します。

会場は東京の港区・中央区の駅から徒歩の会議室です。

内定合格実績

内定者の声

会議室、スカイプ、Zoom、お電話(当社が電話代は負担)での横浜市面接対策を行っており、好評です。

プランパス株式会社PPC人財開発部
個人情報保護 守秘義務は厳守します

 

横浜市面接対策コース

【横浜市模擬面接・横浜市面接カード・横浜市論文対策をセットにした横浜市面接対策コース】

横浜市面接対策コース、横浜市模擬面接・横浜市面接カード対策・横浜市論文対策をセットにした横浜市面接対策コースを行っています。

そのため、多数の横浜市の内定者を輩出しています。

1.横浜市面接対策コース

2.「5」「10」「15」「20」回コース

3.「25」「30」回コース

4.開催日時

5.会場

6.ご入金について

 

1.横浜市面接対策コース

横浜市について、特化した横浜市面接対策コースを行っています。
ちなみに、横浜市などの地方公共団体には、15年で、多数の最終合格者・内定者を輩出しています。
横浜市の個別模擬面接・面接エントリーシート・論文をセットにした、マンツーマンによる横浜市面接対策を行っています。
横浜市では、面接カードは、申込みの提出時点で作成する必要があるため、事前の面接カードの添削は、後日の本番面接において効果を発揮します。
過去の横浜市の最終面接合格者・内定者と、不合格者の面接カード・シートの違いからみて、明らかです。
論文・面接について、約20年の公務員の実務経験を活かし、採点者の視点で、採点させていただき、合格する実力を養っていただきます
本番面接の面接官と年齢が同じで公務員の実務経験も同等である元公務員の講師が本番面接の採点者の視点で本番面接と同様の面接対策を行います。
本番面接の採用サイドの立場からのアドバイスを行います。

2.1時間の「5」「10」「15」「20」回コース

「5」回コースのご料金は5万5千円(税込)です。5回の内訳は、模擬面接が3回(プレゼン対策を含む)、面接カード対策が1回、論文対策が1回です。

「10」回コースのご料金は10万8千円(税込)です。10回の内訳は、模擬面接が6回(プレゼン対策を含む)、面接カード対策が2回、論文対策が2回でです。

「15」回コースのご料金は16万千円(税込)です。15回の内訳は、模擬面接が9回(プレゼン対策を含む)、面接カード対策が3回、論文対策が3回でです。

「20回」コースのご料金は、21万8千円(税込)です。20回の内訳は、模擬面接が12回(プレゼン対策を含む)、面接カード対策が4回、論文対策が4回でございます。

3.1時間の「25」、「30」回コース

「25」回コースのご料金は26万5千円(税込)です。25回の内訳は、個別模擬面接が15回(プレゼン対策を含む)、面接カード対策が5回、論文対策が5回でございます。

「30」回コースのご料金は32万2千円(税込)です。30回の内訳は、個別模擬面接が18回(プレゼン対策を含む)、面接カード対策が6回、論文対策が6回でございます。

4.開催日時

開催日時は会議室は原則9時から21時30分の間で調整の上お客様のご希望の日時に行います。スカイプ、Zoom、お電話(電話代は当社が負担)などの遠隔は24時間対応します。

5.会場

東京港区・中央区の駅から徒歩の会議室で行います。

6.ご入金について

お客様のご予約が成立しますと当社から株式会社名義の口座のご案内を差し上げます。

内定合格実績

内定者の声

 

会議室、スカイプ、Zoom、お電話(当社が電話代負担)での横浜市面接対策を行っており、いずれも好評です。
プランパス株式会社PPC人財開発部

#横浜市面接

#横浜市面接対策

UP