国家公務員官庁訪問面接|18年の実績の本番同様の面接対策

公務員面接

プランパス株式会社人財開発部

国家公務員官庁訪問面を説明します。そして、合格・内定する方法を伝授します。

18年の蓄積されたノウハウの合格内定の公務員採用面接試験の面接対策

人によりますが、志望理由/動機・自己PR等にきつい質問をされたりする厳しい面接、圧迫面接をされた人もいます。面接カードが人により異なるように、質問は人により違います。そのため、一人一人に応じた、マンツーマン・1対1のプライベートレッスンの個別指導が最も効果的です。

面接の合否は管理職に評価されることになります。

国家公務員面接について、

2021年は、例えば、労働局は、4対1で、30分程度の個人面接を対面で行いました。

また、東京法務局は、3対1で、30分程度の個人面接を対面で行いました。

しかし、横浜法務局は、3対1で、30分程度の個人面接をZoomで行いました。

昨年は、コロナのため、日程が延期になり、2020年9月に国家公務員面接が行われました。

国家公務員社会人面接は11月になりました。

氷河期面接をリードする形で、2020年2月、国家公務員の氷河期、内閣府、厚生労働省の面接がありました。

それらの内定者多数輩出しています。

今年はコロナのため、ある省では、1日目はZoomでのWEB面接を行ったところもあります。

WEB面接で、1日7回も面接をした方もいます。

その後、対面での面接を1日3回して内々定した方もいます。

また、技術系の面接では、マスクをつけずに、距離をとって面接したところもあります。

面接の回数は、その年、人事の担当者の考えにより、変わることが多いです。

通常は、10分から20分程度の短い面接を数多く行うところが多くなっています。

1対1での面接、2対1での面接、3対1での面接が多くなっています。

中には、3対1の面接の予定だったが、そのうちの1人が仕事のため、面接に入ることができず、2対1の面接になることもあります。

元国家公務員のキャリが長い講師がご指導します。

本番の国家公務員の官庁訪問の面接官と公務員の実務経験が同等で年齢が同じ50代です

国家公務員の官庁訪問面接対策は本番の官庁訪問同様の官庁訪問模擬面接、公務員面接の採用者の視点でのエントリーシート対策の官庁訪問面接対策で多数の内定者を輩出し続けている18年で2万人と面接、9万5千人のエントリーシート・論文対策の実績と信頼のプランパス株式会社にお任せください。

その他と比べて、本格的な面接対策を行い、内定に導きます。

国家公務員官庁訪問面接対策

事務・技術・福祉・医療・農水系専門の国家公務員の本番の官庁訪問同様の官庁訪問面接対策を行っています。

元国家公務員の講師は、本番の国家公務員の官庁訪問の面接官と公務員の実務経験が同等で年齢が同じ50代です。

18年で2万人の実積と信頼 非常に高いリピーター率の実力

国家公務員の官庁訪問に基づき正しくご指導させていただきます。

 

UP