横浜市はエントリーシートが重要に

公務員面接対策

プランパス株式会社PPC人財開発部

横浜市はエントリーシートが重要に

横浜市役所の大卒程度では、試験内容が変わります。

そのため、さらに個別面接の比重が高くなります。

そこで、横浜市面接対策、横浜市エントリーシート対策での訓練が必要不可欠になります。

今年から、横浜市横浜市大卒程度等の試験内容が変わり、さらに個別面接のウェートが高くなります。

以下が横浜市ホームページの記載です。

横浜市⼤学卒程度等採⽤試験が変わります︕
〜より多くの⽅が受験しやすい試験内容になります〜

事務では、第⼀次試験の専⾨時事論⽂」を「論⽂」に変更します。
⇒専⾨分野における時事的課題について記述する「専⾨時事論⽂」(6分野中1問選択解答)を、与えられた課題について記述する「論⽂」に変更します。
「論⽂」は第⼆次試験科⽬ですが、第⼀次試験⽇に実施します。
例題を4⽉ 15 ⽇(⽔)に採⽤案内ホームページにて公表予定です。

保健師では、「集団討論」を廃⽌します。

以上のように、横浜市において、個別面接の比重が高くなりました。

横浜市は願書の提出のときにエントリーシートを提出します。

横浜市面接では横浜市エントリーシートに基づき質問されます。

そのため、横浜市面接では横浜市エントリーシートは非常に重要なってきます。

横浜市エントリーシート対策で横浜市に多数の内定者を輩出し続けています。

当社の横浜市エントリーシート対策により横浜市に上位で内定して横浜市職員となり、説明会の講師をされたり、政策をつくられたり、大規模プロジェクトをされたり、ご活躍されておられます。

横浜市に内定する、それも上位で内定するためには横浜市面接と一体化された横浜市エントリーシートを作成することで非常に有利になります。

横浜市エントリーシート対策は12年間で7万人以上のエントリーシート対策を行うとともに、1万4千人以上と面接し、数多くの受験生を最終合格・内定に導いた元公務員が行います。

本番の横浜市面接の面接官と公務員の実務経験が同等で年齢が同じ50代である元公務員の講師が本番の横浜市面接の採点者の視点で本番の横浜市面接と同様の横浜市面接対策を行います。

本番の横浜市面接の横浜市の採用サイドの立場からアドバイスします。

そのため、多数の横浜市の内定者、上位での内定者を多数輩出しています。

 


UP