裁判所面接対策 公務員の勤務が長く19年の公務員面接の講師歴があるエキスパートの対策 | 公務員の勤務が長く19年の公務員面接の講師歴があるエキスパートのマンツーマン対策

公務員面接

プランパス株式会社人財開発部

裁判所面接対策 公務員の勤務が長く19年の公務員面接の講師歴があるエキスパートの対策

裁判所の面接対策で最終合格した方の実例です。

裁判所面接の質問を具体的に再現します。

Aさん(男性)

感想

以下の質問以外にも聞かれたかもしれません。

緊張しており、よく覚えていません。

質問項目

ここまで来るまでどれぐらいかかりましたか、

緊張していますか、

住所、生年月日などの確認、

志望動機について、

裁判所職員の魅力は何ですか、

司法試験、法科大学院を受けましたか、

ゼミについて、

卒業論文について、

好きな科目は何ですか、

アルバイトについて、

ストレス解消法はなんですか、

自分の長所、自慢できることは何ですか、

裁判所の職員をどのようにして知ったのか、

裁判所の仕事内容はご存じですか、

裁判所に入ってやりたい仕事はなんですか、

併願状況について、

体力はありますか、

転勤があるが、大丈夫ですか、

Nさん(女性)

感想

やや圧迫気味でした。

質問項目

緊張度は何パーセントですか、

ここまでどうやってきましたか、

裁判所の仕事を知ったきっかけはなんですか、

なぜ、裁判所ですか、

なぜ法律事務所で働いているのですか、

法律事務所では法律の仕事はしましたか、

裁判所を今まで受けたことはありますか、

大学のときなぜ受けなかったのですか、

周囲からどんな人って言われますか、

裁判所のイメージどんなかんじですか、

裁判所の職員と接した経験はありますか、

どんな職員になりたいですか、

裁判員制度に興味がありますか、

ゼミについて、

卒業論文について、

好きな科目は何ですか、

長所はなんですか、

短所はなんですか、

サークル活動について、

ゼミについて、

卒業論文について、

以前、落ちた理由はなんだと思いますか、

弱者を救いたいとのことですが、その理由は何ですか、

大企業が中小企業を訴えることは多いですが、どう考えますか、

法律を学び、実務経験がありますが、法律は何のためにあると思いますか、

クレーム対応をしたことがありますか、

ストレス解消法はなんですか、

勤務地はどこがよいですか、

スポーツはしていましたか、

などでした。

裁判所職員採用試験選考について

裁判所職員採用試験について、総合職試験は、裁判所事務官(院卒者区分・大卒程度区分) 、家庭裁判所調査官補(院卒者区分・大卒程度区分)があります。一般職試験は、裁判所事務官(大卒程度区分)、裁判所事務官(高卒者区分)があります。

2023年の総合職試験の人物試験は、6月12日(月)~6月23日(金)でした。

2023年の一般職の人物試験について、裁判所事務官(大卒程度区分)は、6月12日(月)~7月7日(金)でした。裁判所事務官(高卒者区分)は、10月12日(木)~10月25日(水)でした。

裁判所採用試験の2022年は以下でした。

裁判所職員採用総合職試験(裁判所事務官・家庭裁判所調査官補の院卒者区分・大学程度区分)

人物試験の日程は、裁判所事務官は、6月6日から6月20日、家庭裁判所調査官補は、6月6日から6月22日です。

裁判所職員採用一般職試験(裁判所事務官、大卒程度区分)

人物試験の日程は、6月6日から7月4日です。

裁判所職員採用一般職試験(裁判所事務官、高卒者区分)

人物試験の日程は、10月13日から10月26日です。

採用試験の概要について、以下ホームページの記載です。

総合職試験(裁判所事務官,院卒者区分・大卒程度区分)

政策の企画立案等に係る高い能力を有するかどうかを重視して行う採用試験で,裁判所事務官として採用されます。

総合職試験(家庭裁判所調査官補,院卒者区分・大卒程度区分)

政策の企画立案等に係る高い能力を有するかどうかを重視して行う採用試験で,家庭裁判所調査官補として採用されます。

一般職試験(裁判所事務官,大卒程度区分)

的確な事務処理に係る能力を有するかどうかを重視して行う採用試験で,裁判所事務官として採用されます。

一般職試験(裁判所事務官,高卒者区分)

的確な事務処理に係る能力を有するかどうかを重視して行う採用試験で,裁判所事務官として採用されます。

以上のほか,採用予定がある場合に,一般職試験(裁判所事務官,社会人区分)を実施します。

受験資格:20歳以上40歳未満(高卒者区分の受験資格を有する者を除く。)

第2次試験

第2次試験は試験の種類ごとに異なります。

なお,第1次試験において一般職試験(裁判所事務官,大卒程度区分)の合格者と決定された総合職試験(裁判所事務官)の特例希望者については,第2次試験以降は,一般職試験(裁判所事務官,大卒程度区分)受験者と同じ取扱いになります。

裁判所職員採用総合職試験(裁判所事務官)
  1. 第2次試験 筆記試験
    政策論文試験(記述式)と専門試験(記述式)を実施します。
    院卒者区分受験者は,専門試験(記述式)のうち「民法,刑法,訴訟法」を実施します。
    大卒程度区分受験者は,専門試験(記述式)のうち「民法,刑法」を実施します。
  2. 第2次試験 人物試験
    個別面接を実施します。
  3. 第2次試験 合格発表
    合格者には合格通知書を送付します。
    合格者の受験番号は,合格発表日の午前9時00分頃に,このサイトの合格発表において発表します。

裁判所職員採用総合職試験(家庭裁判所調査官補)

  1. 第2次試験 筆記試験
    政策論文(記述式)と専門試験(記述式)を実施します。
  2. 第2次試験 人物試験
    ・人物試験Ⅰ 個別面接を実施します。
    ・人物試験Ⅱ 集団討論及び個別面接を実施します。

裁判所職員採用一般職試験(裁判所事務官)

  1. 第2次試験 人物試験
    個別面接を実施します。

第3次試験

裁判所職員採用総合職試験(裁判所事務官)

  1. 第3次試験 人物試験
    集団討論及び個別面接を実施します。

最終合格発表

合格者には合格通知書を送付します。

合格者の受験番号は,合格発表日の午前9時00分頃に,このサイトの合格発表において発表します。

採用候補者名簿に記載

最終合格者は,試験の種類ごとに最高裁判所が作成する採用候補者名簿(総合職試験(裁判所事務官)及び一般職試験の最終合格者については,各高等裁判所の管轄区域ごとに作成されます。)に高点順に記載されます。この名簿の有効期間は1年間です。

なお,名簿の順位については合格通知書でお知らせします。

 各裁判所への推薦

総合職試験(裁判所事務官)及び一般職試験の最終合格者については希望する勤務地を管轄する高等裁判所管内の裁判所を対象に,総合職試験(家庭裁判所調査官補)の最終合格者については全国の裁判所を対象に,勤務希望地,成績等を勘案の上,最終合格者を欠員のある裁判所に推薦します。

ただし,希望する勤務地又は各裁判所の欠員状況によっては,名簿の有効期間内に推薦(採用)されない場合もあります。また,総合職試験(裁判所事務官)及び一般職試験の最終合格者については,欠員状況等によっては,意向を確認の上,希望する勤務地を管轄する高等裁判所の管轄区域内の裁判所以外の裁判所に推薦される場合もあります。

意向照会(面接等),内定

推薦を受けた各裁判所は,採用諾否の意向照会をします。場合によっては,面接をすることもありますので,各裁判所の指示に従ってください。

 採用

原則として,試験を実施した翌年4月1日付で採用されます。

なお,総合職試験(家庭裁判所調査官補)の最終合格者が家庭裁判所調査官補として採用されると,全国の各家庭裁判所に配属され,直ちに裁判所職員総合研修所に入所し,約2年間にわたり家庭裁判所調査官に任命されるための養成研修を受けます。

(注)受験資格の詳細については,各試験ページをご覧ください。

2022年からの改正点として、第1次試験地が37都市から41都市に拡大しました。

裁判所面接対策

司法府の職員として裁判所面接は特徴があります。

裁判所面接の特徴を踏まえ内定するための秘訣を伝授します。

元国家公務員のキャリアが長い講師は、数多くの裁判所職員の方々と仕事を行い、裁判所職員のことは熟知しています。

裁判所の特徴を熟知している元国家公務員の講師が裁判所面接対策を行っています。

本番の国家公務員の裁判所面接官と年齢が同じ50代で、国家公務員の実務経験が長い元国家公務員の裁判所面接対策

国家公務員の裁判所面接は、中央官庁の本省等において、『国家公務員のキャリアが長い元国家公務員」が行います。

業界トップの実績

裁判所面接に特化した対策

国家公務員の勤務が長く、19年の公務員面接の講師歴があるエキスパートのマンツーマン対策

19年で、2万2千人と面接し9万7千人とES対策/論文添削の実績

本番の面接官と年齢が同じで、国家公務員の実務経験が長い元国家公務員のプロの面接対策

厳選され、選ばれている面接試験対策

裁判所面接/ESに特化した対策の老舗中の老舗予備校塾

公務員採用面接試験は、短時間で本番面接官にどれだけ伝えられるかが勝負!

面接の勝負に勝つためのアドバイスを実績に基づきインタビュー形式・面接戦略でご教授

その秘訣を『管理職・採用者目線』でマンツーマンで伝授!!

蓄積されたノウハウ、プロのマンツーマン面接対策

本番と同様の公務員面接対策

採用者・管理職の立場からの公務員面接対策は 面接プラザ以外にはないと内定者の評価です

圧倒的な実績

面接の合否を決めるのは、本番の面接の採用者である50代の管理職です。

その採用者・管理職目線での面接対策です。

元国家公務員が裁判所面接に基づきご指導させていただきます。

【事務・技能系】面接対策で19年

本番の裁判所面接と同様の裁判所模擬面接

採用者の立場からのインタビュー形式・面接戦略、裁判所面接カード対策、論文対策

面接対策で、裁判所の総合職・一般職・営繕技官の数多くの合格者を輩出

実積と信頼

非常に高いリピーター率の実力

その他の塾・大手予備校と比べてみてください。
確固たる自信があります。

合格実績

合格者の声

面接プラザ
運営会社:プランパス株式会社人財開発部

守秘義務厳守 個人情報保護
著作権について

本番の公務員面接は50代の管理職の方が面接が入り、質問されることになります。

その管理職の方々と年齢が同じ50代の元公務員で、公務員の実務経験が長い元公務員の講師の公務員個別指導

そのため、例えば、本番の公務員面接と同様な感覚を経験、実感することができると評価されています。

上記のような公務員試験面接対策は、面接プラザのみであると内定者の方々から評価されています。

その他の予備校や塾の講師は、元公務員であっても短い期間、15年以下で、ほとんどのその他の講師は3年以下しか勤務していないと聞いています。

そのため、その他の講師は、公務員の実務経験が長い本番の面接の方と違い、例えば、雰囲気や感覚が異なり、ズレているとその他の受講生だった方々から聞いています。

実績があり、内定者を大量に輩出し続けていますので、具体的にどのような方々が内定しているのかがわかっています。

例えば、浪人、中途の方々の内定者も数多く輩出していますので、どのような感じになれば内定しやすいのかを熟知しています。

内定者を大量に輩出しているため、面接の情報も豊富です。

過去の内定実績に基づいたノウハウにより内定に導きます。

その他の塾・大手予備校と比べてみてください。
確固たる自信があります。

合格実績

合格者の声

書籍・ネット配信・DVD等、講演・セミナーなどの外部に対しての情報の発信は一切行っていません。

大学や出版社等からのセミナーや出版等のご依頼はすべてお断りしています。

独自のノウハウをマンツーマンでご受講された方にのみご教授します。

その他の大手予備校や塾、ネット、YouTube等の動画、SNS、ライン、書籍、本、DVDにはない、

実績の蓄積されたノウハウで、内定者を大量に輩出

単発でのご受講が可能です。

有料広告は一切行っていないため、宣伝費に費用をかけていません。

その分のコストを削減しており、その他と違い、入会とのときの入会金や書籍代をいただいていません。

内定者からのご紹介が多くなっていますが、ホームページなどからのご新規は大歓迎です。WELCOME!

お気軽にご予約ください。

その他の塾では、ホームページに料金の記載がない、又は、料金がわかりにくいとの声をよく聞きます。

面接プラザでは、以前から、ご料金を明確にホームページに記載しています。

人によりますが、公務員採用面接試験では、志望理由/動機、自己PR等にきつい質問、厳しい質問があり、きつい面接、厳しい面接、圧迫面接をされる場合があります。適性検査、性格検査もあります。そのため、しっかりとした対策が必要です。公務員面接カードは人により違います。公務員面接試験の質問も人により異なります。そこで、マンツーマンのプライベートレッスンが最も効果的です。

「その他の塾のリモート模擬面接」は、30分が1万2千円、1時間が2万4千円、1時間30分が3万6千円のその他の塾のご料金もございます。

その他に比べて、マンツーマンなのに良心的な低価格の値段で高品質であると内定者から評価されています。

その他の大手予備校やその他の塾などと比べて高い評価を受けています。

ご安心して、お気軽にご受講ください。

その他と異なり、お客様のニーズに応じて一日で様々なお時間がございます。

例えば、面接の雰囲気に慣れたいと思われている方は短いお時間、数多くの質問を受けて訓練したい方は長いお時間をご受講されています。

お客様ご自身の能力、面接が苦手、文章を書くのが苦手などを総合的に勘案し、お客様がご自由にお時間を決めてください。

その他の予備校やその他の塾は30分程度が多くなっていますが、その他の塾や予備校が30分程度が多いのはその他の講師は30分程度の短い時間しかできないとその他の受講生だった方々は分析されています。一日で長い時間行うとその他の塾や予備校の講師ではボロが出るのでその他の予備校や塾は長い時間の設定ができないと評価されています。

その他と比べて実力があるので一日で長い時間があると評価されています。

当社も利益だけで考えるなら30分のみにした方が儲けはでますが、ユーザーフレンドリーの観点から長い時間を設定しています。

お客様はご自身のニーズに合わせてご自身の判断でお時間を選択してください。

その他の塾と違い、入会金やテキスト代のような書籍代もございません。

面接対策は、インタビュー形式・面接戦略、模擬面接、エントリーシート対策、論文対策の4つのサービスがあります。

上記の4つのサービスについて、一日でそれぞれの短い時間から長い時間までがあります。

ホームページの「ご料金」のページに記載していますので、ご確認をお願いします。

単発でのご受講が可能です。

心よりご予約をお待ちしています。

公務員面接対策のご予約>>

面接プラザ

運営会社:プランパス株式会社人財開発部

守秘義務厳守 個人情報保護
著作権について

#裁判所面接対策 #裁判所面接 #裁判所 #面接対策 #面接 #総合職 #一般職


UP