特別区面接対策

公務員面接対策

プランパス株式会社PPC人財開発部

特別区面接対策

特別区経験者3級職(主任主事Ⅱ)、いわゆる3級の2、今年から、2級職(主任Ⅱ)になりましたが、特別区経験者の中でも、採用人数が少なく、最難関の3級の2に、多数の内定者を輩出し続けています。

例えば、昨年は、3級の2は、最終合格者が15人ですが、そのうちの大多数の内定者を輩出しています。

その他の塾では、3級の2は、内定者が0ですが、多数の3級の2の内定者を輩出しています。

多数の内定者を輩出した理由は、長年、多数の3級の2の内定者を輩出している実績に基づいた独自の特別区経験者に内定するためのノウハウのためです。

そのような特別区経験者模擬面接を行っているため、特別区経験者の内定率が非常に高くなっています。

特別区経験者個別模擬面接を実施し、個別・具体的にご指導します。

特別区経験者模擬面接で、毎年、多数の特別区経験者の内定者を輩出し続けています。

特別区経験者模擬面接で、特別区経験者の内定者を多数輩出し続けている実績と信頼があります。

特別区経験者面接対策は、特別区経験者の特徴を踏まえて、特別区経験者の採用者の立場で、どのようにすれば特別区経験者の採用者にいっしょに働きたいと思われるのかなど、特別区経験者に内定する秘訣をご指導します。

内定率、内定実績、信頼度NO1

特別区経験者では、面接カードは、申込みの提出時点で作成する必要があるため、事前の特別区経験者面接カードの添削は、後日の本番面接において効果を発揮します。
過去の特別区経験者の最終面接合格者・内定者と、不合格者の面接カード・シートの違いからみて、明らかです。

面接・面接カード・論文について、約20年の公務員の実務経験を活かし、採点者の視点で、採点させていただき、合格する実力を養っていただきます
本番面接の面接官と年齢が同じで公務員の実務経験も同等である元公務員の講師が本番面接の採点者の視点で本番面接と同様の面接対策を行います。


UP