公務員面接対策の神髄

公務員面接対策

プランパス株式会社PPC人財開発部

公務員面接対策の神髄

公務員面接対策の神髄とは何か。

公務員面接対策、すなわち、公務員模擬面接、公務員エントリーシート対策により内定に導くことです。

公務員面接に何回も落ちている人の典型例は以下ですが、そのような方々も訓練して、変えれば内定します。

落ちる人の典型例の1つはあがり症で、質問がくると頭がパニックになり、質問とは異なることを答えてしまっています。

また、答えが長く、マニュアル的な回答です。

そのため、不合格になりやすくなります。

この傾向にある人はご自身もわかっているのですが、修正ができないで悩んでおられる方が多いのです。

以上が典型例です。

ただし、この典型例以外で公務員面接で何回も落ちる方々もいます。

公務員面接で何回も落ちる方々は文章では正確に表せないのですが、答える内容にとどまらず、話し方や態度を含めた雰囲気がズレているのです。

一言で言えば、公務員面接の本番の面接官からは「いっしょに働きたい」と思われていないということです。

どこの面接を受けても受かる方は公務員面接の本番の面接官から「いっしょに働きたい」と思われているのです。

公務員面接の本番の公務員面接官から「いっしょに働きたい」と思われるようにするためにはマニュアル本を読むだけでは困難です。

実践で訓練する必要があります。

12年間で1万4千人以上と面接を行い、最終合格に導いた、本番面接の面接官と年齢が同じで、公務員の実務経験も同等である元公務員の講師が、本番の採点者の視点で、本番面接と同様の面接を行います。

本番の採用サイドの立場からのアドバイスを行います。

そのため、「いっしょに働きたい」と思われるためには、当社の公務員面接対策の場が最も効果的であると考えています。

プランパス株式会社PPC


UP