特別区面接の解説 | 公務員面接対策

公務員面接対策

プランパス株式会社PPC人財開発部

特別区面接の解説

特別区面接の解説!面接の流れ・形式、質問、面接カードなどを徹底解説

特別区採用試験の1次試験は筆記試験になります。

1次試験には論文が2つあります。

筆記テストに合格すると特別区人事委員会による面接を受けることになります。

その後、面接の発表があります。

面接に合格していると、江戸川区を除き、各区の面接を受けることになります。

特別区人事委員会面接の面接官は各区の管理職です。いずれの区の職員が面接官になるのか、受験生にはわかりません。

なお、江戸川区は独自方式ですので、江戸川区の受験生は江戸川区の職員から面接を受けます。

まとめると、江戸川区を除く各区に内定するためには最低でも2回の面接を受ける必要があります。

また、いわゆる人気区に内定するためには、特別区人事委員会面接において上位で合格する必要があります。

上位で合格しないと、人気区から連絡がこないことがあります。

まず、特別区人事委員会面接の説明をします。

特別区面接の流れ

特別区人事院会面接の時間は受験者30分程度です。

面接官3人対受験者1人の個人面接です。

面接当日、受付をします。

受付後、受験生はブース番号がわかります。

1つのブースには、3人の受験者が割り振られています。

例えば、受験生の順番が2人目であれば30分以上、3人目であれば1時間以上は、待合室で待つことになります。

体育館のような広い場所に、ブースで区切り、一斉に面接されます。

1つのブースには、3人の面接官がいます。

受験生は面接官を選べませんので、どの面接官になるかは運になりますが、面接力があれば不合格にはならないと思います。

個室ではなく、ブースですので、その他のブースの声が聞こえたりして、聞きとりにくいことがあると内定者は話しています。

整理すると、特別区人事院面接の流れは、体育館のような広い展示場です。

毎年、大田区産業プラザPioの1Fの大展示ホールで行われています。

その展示場がパーテーションで仕切られており、個別の面接ブースが40程度あります。

受験者は、組ごとに一斉に面接を受けます。

面接ブースの入り方は、事前に説明されます。

受験生は、開始のアナウンスが流れれば、ブースに入ります。

念のためですが、ブースですので扉はないのです。

受験生は、カバンを持ったまま面接ブースに入ります。

面接が終わったら、そのまま会場を出て、変えるというスタイルです。

特別区人事院面接では、筆記試験の点数が高くても最終的に不合格なる場合もあります。

また、特別区人事委員会面接に合格したとしても、面接の順位が高くなければ、いわゆる人気区から連絡がこない場合もあります。

特別区面接カード

筆記試験に合格すると、面接カードが郵送されてきます。

面接カードを事前に記入して面接当日に提出します。面接カードの記載は非常に重要になりますので、面接カード対策が必要です。

2020年の特別区人事委員会面接カードは、以下です。

面接カードには面接冒頭に3分程度プレゼンテーション行うことが明記されています。

1.あなたが特別区でどのような仕事に挑戦したいか、あなたの強みと志望動機も含めて具体に書いてください。

※面接の冒頭に3分程度でプレゼンテーションしていただきます。

2.あなたが一つのことをやり遂げた経験を挙げ、その中で最も困難だと感じたことと、それをどのように乗り越えたかを教えて下さい。

3.目標達成に向けてチームで行った経験において、チームへの貢献につながったあなた独自のアイディアを、ご自身の役割とともに教えて下さい。

4.最終学歴と卒業年

5.専攻学科

6.アルバイト以外の職歴

面接カードはA4判の用紙です。

1から3は、5行記入できる罫線が引かれてあります。

それに対して、4から6の欄は少ししか記載できません。

以前の面接カードは、以下です。

1.あなたの強みは何ですか。それをいかしてどのような仕事に挑戦したいか、特別区の志望動機も含めて具体的に書いてください。※面接の冒頭に3分程度でプレゼンテーションしていただきます。

2.あなたが今まで最も困難だと感じた状況を挙げ、それをどのように乗り越えたかを教えてください。

3.チームやグループで目標達成した経験について教えてください。そこでのあなたの役割と、独自のアイディア等によってどのようにチームやグループに貢献したか具体的に書いてください。

4.最終学歴と卒業年

5.専攻学科

6.アルバイト以外の職歴

面接カードはA4版の用紙です。

面接官は、数多くの面接カード読む必要があります。

そう考えれば、読みやすいことに書くことが重要です。

そこで、細かい字で、びっしり書かないことです。

読みやすい文字で、読みやすいように書きましょう。

読みやすい面接カードは、能力が高いことの証になります。

誤字脱字のチェックも忘れずにしましょう。

仮に、間違ったときは、新たに書きましょう。

面接カードは、です・ます調で書かれる方が多いです。

 

例えば、以下のような質問が過去問です。

面接ブースにもよりますが、基本は、リラックスさせるための簡単な雑談の後、プレゼンテーションを行い、その後、質問の順になります。

質問は、面接官や受験者の話す内容によって変わってきます。

また、面接カードの内容により違ってきます。

そのため、人によって異なり、どのような質問になるのかはわかりません。

面接では、原則、3人の面接官が一人ずつ順番に質問します。真ん中の方から始まることが多くなっています。

面接カードのことの質問が多いですが、面接時間が30分程度ですので、面接カード以外に聞かれることが多くなっています。

例えば、関心のある事柄など質問もあります。

また、その場で考えて、判断せざる得ない質問もあります。想定外のことを聞かれても対応できるようにしておきましょう。

面接カードに書いていないエピソードを聞かれることが多いので、エピソードは多目に考えておきましょう。

具体的な対策の方法

1次試験の発表があってから2週間程度で特別区人事委員面接は始まります。

面接では面接カードの内容、話した内容を深く掘り下げ、質問されることも多いです。

そのため、面接カードを深堀されても大丈夫のように面接対策しましょう。

面接はコンピテンシー型が多くなっています。受験生の過去の経験について、どのように行動したのか、そこから何を得たのか、それをどのように活かしていくのかなどを整理しておきましょう。

3分間プレゼンテーション

3分間プレゼンテーションは、特別区人事委員会面接の特徴です。

その対策について、

挑戦したいこと

PRしたい強み

志望動機

をそれぞれ考えるがよいと思います。

その後、つなげていきます。

3分間では字数にすると900字程度になります。

面接カードにはそのプレゼン原稿を短くまとめたものを記載します。

プレゼンも面接と同じように考えればよいと思います。

例えば、強みの部分では、その強みのエピソードを考え、挑戦したいこと、志望動機との結び付けことを考えます。そして、具体的に挑戦したいこと、挑戦するときにどのように強みを活かせるのかを考えて、組み立てればよいでしょう。上記の方法でなくてよいです。ご自身が挑戦したいを具体的に考え、ご自身独自のプレゼンにすればよいと思います。すなわち、その他の受験生と同じようなプレゼンではなく、ご自身独自のプレゼンをすればよいと考えます。

このように、自身のエピソードを入れると説得感が出ますし、独自性が出てきます。

難しい言葉は使わず、わかりやすいプレゼンにしましょう。

そして、プレゼンで自身の個性を表現しましょう。


UP